これからも通い続けたいフランス語教室

私は社会人になってから、フランス語教室に通い始めました。

通おうと思った動機は、社会人になってから学生の時よりも休暇が少ないので、せっかくの休暇に、パリなどフランスの町を旅行するようになったからです。年に2回ほどフランスに行くので、フランス語ができたらもっと楽しめるだろうな、と思いました。自分で勉強するという選択もあったのですが、仕事で疲れていると、家でダラダラしてしまうことも多く、勉強がはかどらないし、続かなそうなので、お金を払ってでも、教室で勉強することを決めました。

通う前に不安だったのは、教室に毎週通うことができても、宿題をやったり、予習や復習やったりできるかどうかです。しっかり勉強しないと、結局教室で勉強したこともすぐに忘れてしまうので、それが不安でした。

他にも、英語以外の外国語を習ったことがなかったので、文法や発音の難しさに途中で挫折をしてしまうのではないかと、心配でした。とくに先生の教え方が自分に合わなかったり、テキストが好きになれなかったりすると、教室に通うことが苦痛になってしまいそうだな、と思いました。

実際にフランス語教室に通ってみて、思ったほど宿題は出ず、予習と復習をしっかりすれば、ついていけるクラスでした。時間はない中でも、自分のノートを電車の中で見直すだけでも、復習になることが分かりました。

また先生の教え方もすごく分かりやすく、質問もしやすい優しい先生だったので、毎週教室に通うのが楽しみになりました。

他にも良かったのが、グループクラスだったので、他の生徒さんから刺激を受けることができました。モチベーションの高い生徒さんも多かったので、自分も頑張って上達するように勉強しよう、と決心することができたのです。また私と同じように社会人で、勉強している人もいたので、「みんな自分と同じように頑張っているのだな」と感じることができ、とても良かったです。

教室に通い始めてから、フランスに旅行に行った際、現地の人が何をいっているか分かったり、挨拶がスムーズにできたり、自分のフランス語のおかげで、もっと新しいことを体験できたので、これからも教室で勉強していこう、と思えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*