私の放課後

社会人になり、5年目。仕事にも慣れ【勉強】という言葉も聞かなくなってきた頃、友達が新たな資格を取ったと聞きいてもたってもいられない気分になりました。毎日、会社と自宅の往復で何かやりたいと思っていてもなかなか始められずにいた時だったので取り残された…。とショックを受けたのを覚えています。

そんな時に、【これからは英語が必須】と言う文字に目が止まり「これだ!」と思い英会話教室に通い始めました。
始めは落ち着かず、周りに気を取られてしまい、みんなの足を引っ張らないようにと必死でしたが回数を重ねるにつれて先生の話を自然と聞くことが出来るようになってきました。
先生の話を理解出来るようになるとLessonが途端に面白くなり、集中する事が出来ました。
家での勉強方も先生から教えてもらい、いつも英語に囲まれて生活をするようになりました。

英語が話せるようになると、海外へ行く事に興味が湧いてきて、自分の英語がどこまで通じるのか試したくなりました。
今までにも何度か海外へ行く事はありましたが、積極的に話したりする事がなく誰かに頼ってばかりの旅行でした。
次は自分だけで、誰にも頼らずに行ってみようと思い計画を立てて飛び立ちました。
空港に到着し、とりあえず市内へと乗ったタクシーで「あれっ?言葉が出てくる!」と嬉しくなりました。
日本語のようにとまではいきませんでしたが、運転手さんとの会話がとても楽しく現地の見所や危ない場所など教えてもらう事が出来ました。
現地のツアーにも入り、世界遺産の説明を聞いたり他国から来た観光客とも仲良くなり今までにない充実感を味わいました。
そして、現地で出会ったお母さんに趣味の刺繍を教えてもらいました。
お母さんの刺繍はとても繊細で心のこもった品で、私が簡単に真似の出来る物ではありませんでしたが、丁寧に教えて頂き、今では私の趣味の一つであります。
まだ、私の住む場所の近くで刺繍教室を見つける事が出来ませんがさんとのもっと探してこれからも続けて行きたいと思います。

一つの習い事で、自分の中の壁がなくなり、躊躇なく新しい事への挑戦をする事が出来るようになりました。
始めは生活のリズムも変わる事から教室へ向かう事が億劫になる事もありましたが、今は違います。
英会話をもっと習得し、また新しい言語にも挑戦していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*