2人の妊娠出産時にマタハラを受けて退職しました

長男の時に正社員として事務職に就いていました。妊娠がわかってからも、出産後に仕事を続けたいという意志を伝えたところ快く承諾していただきました。ぎりぎり1ヶ月前まで仕事をして1年後に復帰するという条件で育児休暇に入ったのですが、それが気に入らなかった他の社員の女の子たちに執拗にイジメられました。

『戻ってきても子供の具合が悪いとかでどうせろくに出勤しないんでしょう』という事や『社員だから待遇が良くていいわよね』とか言った事を言われてしまい、育児休暇中に顔を見せに行ってもそんな事を言われてしまう始末でした。『戻ってきてもあなたの仕事は他の人がやるので、やる仕事はない』という事や『いつ休むのかわからないのに仕事を任せられない』などという事をネチネチ言われたので、精神的に参ってしまい退職を決意しました。本当に怖かったのとそんな事を言われてまでその会社に留まることで、自分が家事と育児と子育てが出来ないと判断したからです。

また次に見つけた職場で、数年勤めた後に妊娠が発覚しました。その時にいた店長がほんとうにデリカシーのない人で、日々大きくなっていくお腹を見て『気持ち悪い』と言われ続けていました。そして診察はどのようにするのか、と言った事を聞かれて本当に悔しくて腹が立ったのです。2度目の妊娠の時には、パートでしたし達仕事だったので後期に入る前に退職する予定でした。しかし『立っているだけなら出来るだろう』と言われてシフトをどんどん入れられてしまいました。勝手にシフトを入れておきながら私が近寄ると『気持ち悪い』と言って笑って逃げられる日々に毎日疲れ果てて、出産前の1ヶ月にようやく退職できる事になりました。

妊婦だから使えないという事や、体型の変化に気持ち悪いと言われたこと、笑われたことで妊娠していることでさえ辛くなってしまった時期がありました。私が退職後にその一件を見ていた人が本部に伝達してくれて、その翌月に退職をさせられたようですがその事から3年経った今でも忘れることが出来なく、悔しい気持ちです。妊娠によるお祝いの言葉もなくバカにされ続けた次男の妊娠生活、それによってストレスもたくさん受けましたが、人の幸せを喜べない、そんな可哀想な人たちも人もいるんだなといい勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*