中小企業診断士講座

嘲笑企業診断士受験講座に通いました。

始めた動機は、社会人になってから5年が経過して、もっとステップアップしたいと考えました。何か資格を取ろうと考えて初めは中小企業診断士の通信教育を申し込みました。でも仕事をしながら一人でペースをつかみながら受験勉強するのは大変です。悩んでいたら、通信教育の会社から受験セミナーの案内が来ました。わらにもすがるつもりでセミナーに出たら、そこで通学講座を知って、その場で申し込みました。

通学する前は、高価な受講料を払って続けられるか、ついていけるのか、本当に試験に合格できるのか心配でした。でも、続けられるかではなくてどうやって続けるか、ついていけるかではなくてどうやってついていくか、合格できるかではなくてどうやって合格するかと考えることにしました。少なくとも払った受講料以上のスキルアップにつなげるつもりでした。

実際に通ってみて感じたことは、みなさん高い授業料を払って受講しようとするだけあって、パワフルな人がたくさんいました。講義に出るたびに元気がもらえました。受験講座ですので、ついていくのも大変でしたが、確認テストで上位が取れると励みになって続けることができました。

この時に一緒だった人とは今でも交流があります。モチベーションの高い人たちと知り合いになれることも通学の利点だと思います。

中小企業診断士の試験は、ビジネスに携わる人ならば誰にでもプラスになる内容で、仕事面でも役に立つことが多く、徐々にステップアップできたと思います。

受験のための講座ですし、1次試験2割、2次試験2割のストレート合格は4%という狭き門です。途中で来年に備える人も出てきましたが、できるだけ励ましあって何とか乗り切りって、合格できました。

振り返ってみると、非常に苦しくて、もう二度と挑戦できないかもしれませんが、あの通学があったから合格につながったと思っています。とても一人では続かなかったと思います。

その後、その講座で教える機会をいただきました。その時の教え子さんたちも仲間として今でも交流していると聞きます。通学やスクールは講座の内容を習得するだけではなく、素晴らしい仲間に出会える機会でもあると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*