初心者ボルダリングのポイントは靴にあった

何か体を動かすスクールか習い事かなんかしようかと思っていたとき、ちょうどローカルニュースで「ボルダリング体験」というのをやっていました。それを見ていると、なんかやってみたい!と思って、早速体験ボルダリングに応募しました。

ボルダリング自体は、なんとなく出来そうだなあと思っていたのですが、それは素人考えでサークルなんかで本格的にやっている人はレベルが違うんじゃないかなあと、私のような初心者が行って浮いたりしないかなあと、少しびくびくしながらボルダリング体験の会場となっている体育館に
向かったのです。

ひとまず体育館に到着し体験用のチケットを購入するのですが後、受付の方に案内されるまで、ずっとドキドキしていました。
いよいよ案内され説明を受けた後、まず着替え、ボルダリングの場所に行きました。

そこには思ったより高さのあるボルダリングの壁が。。

でもそこにいた人たちは、なんとなく自分と同じで初心者の方っぽかったので、それだけでも少し安心してきたのです。

時間となっていよいよボルダリングに挑戦したのですが、周りのおそらく初心者だと思っていた人たちよりも自分はできませんでした。私はセンスない?と思ったのですが、周りの人の中には、結構すいすい壁を登っていく人がいるのに、私はどうも足を掛けた後の次の一歩が足を出せず、滑ってしまうのです。

これは実は2回目で気づいたのですが、靴が悪かっただけでした。ボルダリングは、靴の選択が重要だったのです。

最初は、底がメッシュのようになっている薄めの靴にしていたのです。その方が足の裏が敏感に感じれるかなあと思ってその靴にしたのですが、あまりにも滑ったため、2回目は底にギザギザのある少しごつめの靴に変えてみました。すると、1回目のように滑ることが少なくなったのです。なので、それ以降はギザギザのある靴にしているのですが、何回かしてきての慣れなのかもしれませんが、1回目のような滑りはなくなったので、1回目は靴が悪かったんだと思っています。

ボルダリングは、靴選びが結構重要なのです。

まあ、私の場合、まだまだ手足に凄く力が入ったままで壁をよじ登ってしまっているのですが、うまい人は、軽く上っていくので、まだ体のどこかに余計な力が入っているのでしょう。最初は靴だけでしたが、もう靴のせいじゃないので、もうちょっと練習して、いつかスイスイっと壁を登れるようにしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*